「お尻にシミがついてるよ」2度と思い出したくない私の黒歴史

お尻についたシミを指摘されたが放置した

ある日の授業終わり、私の真後ろの席にいた女の子が私の耳元でヒソヒソ声でこう言いました。「お尻のところにシミがついてるよ」

えー?何だろう?何かを漏らしたワケじゃないしなー。何かをお尻で踏んづけたっけ?

自分でお尻のあたりを見たり触ったりしましたが、そこまでシミも目立っておらず心当たりもなかったので教えてくれた女の子には適当に返事をしながら、私はそのコトをほったらかしにしていたのです。

すると次の授業が終わった後に、担任の先生がやってきて私にこう言ったのです。

「あなた、生理になったのね。先生のズボンを貸してあげるから着替えていらっしゃい」

恥ずかしさと申し訳なさで逃げ出したい

この瞬間、恥ずかしさと教えてくれた女の子への申し訳なさが激しく入り混じったような、とりあえずこの場から逃げたいといったような感情に襲われました。

また小学生の女の子が、上はかわいらしい子供服のトップス、下は大人の女性(しかも教師という割とキッチリした女性)が履くようなベージュのズボンというちぐはぐな恰好を学校でしなければいけない、というコトでも恥ずかしさは倍増しました。

着替え終わる頃には、漏れ出す経血の量も増えていて、シミはお尻全体にまで広がっていました。

その後の記憶は、正直言ってあまりありません。家に帰って母親に、今日あった出来事を何と伝えたか、先生から借りたズボンをどうやって返したのかなどまったく覚えていません。

ただ女の子から告げられた言葉と、先生からズボンを借りたところだけは鮮明に覚えているのです。よっぽど恥ずかしくいたたまれない気持ちだったのでしょう。

思春期の私はなかんかトイレに行けず

それから、私の生理との闘いが始まります。中学、高校とバレーボール部に所属しており、部活動中はなかなかトイレに行く時間はありません。

またただでさえめんどくさがり、無頓着な性格な私。その上、思春期で「トイレばっかり行く女、に見られたくない!」「生理だと悟られたくない!」という厄介な言い訳もプラスして、学校でナプキンを替えるということをなるべくしないように、朝装着した”この世でいちばん大きいスーパー夜用ナプキン”をつけたまま1日を乗り切っていました。

ただ、それがうまくいく月もあればうまくいかない月もあり、たいがいはうまくいかなかったため下着だけでなく体操服や制服にまで経血のシミをつけていました。

今思えば、成長期真っ只中でしたし自分の体質もあり、人より経血の量は多かったのだと思います。

ゼリー状の血液の塊がナプキンの上に乗っかっているコトはザラでしたし、夜寝ているときは、確実にシーツが真っ赤に染まりました。

1ヶ月に1度、5日間だけとはいえ、これがこの先の人生あと何十年も続くのか、と考えると本当に憂鬱でした。

もうすっかりいいオトナになった私。これら過去の経験も踏まえて、生理中はこまめにナプキンを替えるようになったこととタンポンを使用することで下着やシーツを汚すことがなくなりました。

加齢とともに経血の量も減ってきたように思います。まぁこれは嬉しくもあり悲しくもあり、ですけどね。

http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=471324&word=%E5%AD%90%E5%AE%AE

旦那へイライラ!生理中の症状に苦しむ私を見ても旦那は気遣ってくれず

生理になると食欲が増えて酒も飲む

食欲も増えて日中食べてばかり。お酒も飲みます。そしてニキビもできてきますのでもうすぐ生理なんだな〜と分かります。

普段チョコレート等を食べ過ぎない限り中々ニキビは出来ないのですが生理前になると小鼻や顎付近にいつも出来ます。ニキビが出来るとさらにイライラします。

2日前位からは、むくみが物凄いです。スキニーパンツもきつくてとても履けません。

そしてお腹の下辺りがチクチクとしてきて本当に不快な思いをします。

この頃になると、主人の行動ひとつひとつにムカついて話もしたくないし顔も見たくない、出来れば帰って来て欲しくない…その機嫌が顔や態度に出てすぐに喧嘩になって悪循環、更にイライラしてきます。笑

むくみで脚はパンパンだし、ひたすら食べていたいし化粧のノリも最悪。眠気も絶好調です。笑

そして生理の到来…私本当に生理痛がキツイのです。ネットで生理痛が有るのはおかしいだの何か病気の可能性もあるだの、様々な記事に急かされ病院にも行きました。

病気等はなかったのですがやはり女性特有の病気の検診は毎年行きたいと思いました。1日目・2日目は薬が手放せないほどの痛みなので立っているのもしんどくて大変です。

こういう時に旦那が気を遣ってくれて家事とかしてくれたらいいんんですけどね、そうは行きません。

生理痛に苦しむ私を何も気にしない旦那

やはり男性には一生分からない痛みなのです。付き合い始めた頃は心配してくれたのに結婚してからは何も気にしてくれませんしね。笑

女性ってむくみや体重増加、肌荒れには敏感ですし労わってほしいです。痛み止めを飲むと結構楽にはなるのですが、やっぱり薬って抵抗ありますよね。

しかも毎月の事となるとなおさら効き目が無くなって来るのではないかとか何か副作用とかあるのではないかとか本当は体に悪いのではないかとか心配事は増えるばかりでした。

痛み止めとはサヨナラして漢方を飲み始めた

そして最近では痛み止めには頼りたくないなと思い、8年間ほどお世話になった痛み止めとサヨナラしたいなと思いCMでもやっている漢方を飲み始めました。

別に体重が減るわけでもないし、肌荒れが治る訳でもないのですが気休め程度に飲み始めたのです。

漢方ですので即効性はありませんがトイレが近くなったような気はしました。そしてむくみもいつもより少ないような?

サプリメントより痛み止めよりやはり漢方の方が安全性も高い飲み続けるのは少し面倒でもありますが毎月の症状が改善されるなら全然平気です。

これで少しは旦那へのイライラも改善されるでしょうか…笑

女性なら相棒とも言える毎月の生理。これからも自分なりに上手く付き合っていけるように試行錯誤していきたいと思います。

リフレッシュ!生理前感情が不安定になる事を友達に相談したら

生理前になると子供に当たって自己嫌悪

特に自己嫌悪に陥ってしまうのが、子供に当たってしまったときです。

小学生の子どもがいるのですが、普段ならスルーできるような小さなことでも、急にブチっと切れてしまい、いきなり怒鳴ってしまったり。

ちょっとした言葉使い、ちょっとした失敗、それこそ食事中にお箸を落としてしまっただけとか、ちょっとしたことなんです。

そんなことで子供のことを怒鳴りつけてしまったりすると本当に自分でも落ち込みます。

言い方も怒鳴ってしまったり、ものすごく嫌味な言い方をしてしまったり。

しかも一度ブチっと切れてしまうと、もうとまらなくなってしまって次から次へとひどい言葉が出てきてしまうので自分でも後になって考えるとぞっとします。

夫は帰りが遅いこともあり、私のあのイライラが全部子供に向かってしまっているので、なんとかしなくては、といつも思っています。

生理による身体的な不調はそれほど強くない

私の場合はどちらかというとイライラしたり感情が不安定になってしまうという症状が強くて、生理直前にはむくんだり体重が増加したり腰のあたりが少し重いように感じたりすることもありますが、身体的な不調はそれほど強くありません。

なので、生理前でもきるだけ体を動かしてリフレッシュするように心掛けています。

友達に相談したときにも、その友達も体を動かすのが一番!と言っていました。

ジムに通うとかそんなに本格的な運動はできませんが、ちょっとウォーキングするとか、泳いでみるとか、ヨガやストレッチもとてもすっきりします。

汗を流してすっきりすると、気持ちもさっぱりするものですね。

自分の気分をうまくコントロールできるようにするために、運動でリフレッシュするのはとても効的だと思います。

イライラがおさまらないときは市販品に頼る

それでもイライラがおさまらないときは、市販薬に頼ることもあります。

PMSのお薬は生理が終わったときからのみ続けることで次の生理のときに効果があるそうです。

私が試してみたものはチェストベリーという西洋ハーブのエキスが入っているもので、香りが良く口に入れるときにその香りをかぐだけでも少しリラックスできるような感じがあります。

まだ使って間もないのですが、なんとなく効果があるような気はしています。

数か月継続して使うと良いと薬剤師さんに言われましたので、続けて見ようと思っています。

今はまだ通院するほどでもないかなと思っているのですが、薬局で手に入る2000円弱のお薬で生理前でも家庭が不穏な空気にならないのなら、ありがたいと思います。

異常?生理前に感情的になるレベルがあまりにも酷いので検査をしたら

生理前は感情的になり旦那にも迷惑をかけ

みんな生理前は感情的になったりとかあると思うんですが私のは人一倍すごくて旦那にも迷惑かけてました。

だいたい生理の二週間前くらいからイライラしだすんです。生理の周期が4週間としてもそのうち2週間もイライラしてるなんて最悪ですよね。

でも自分でも止められないというか、もうすごくて、、。まず些細なことでイラっとして夫に喧嘩をふっかけます。もうどんなことでも気に障るんですね。

床にゴミが落ちてたとかそんなことでキレてしまって。生理が終わってから考えてみると大人げなくて本当に申し訳なくて反省するんです。

でもその時は止められない。夫も最初はああまた生理前のイライラ始まったな、、くらいですが1週間過ぎたくらいから怒られます。

私もいけないと思いつつホルモンというかコントロールできない所なのでどうしようもないって感じでした。

身体的痛みなら何か和らげる方法もあるでしょうがなんかどうにもできないって感じで私も辛かったです。

2週間目は意味もなく悲しくて涙が出る

そして2週間目は意味もなく悲しいんです。何をしても涙が出る。この頃になると下腹部も生理前の独特の鈍い痛みが出てきます。

昔の出来事を思いだして泣いたり、ニュースを見て泣いたり、前日の夫に対する自分の態度を後悔して泣いたり、、、とりあえず悲しいんです。

もう自分でもわかっているので早く生理きて!って感じになります。生理が来てしまいさえすれば大丈夫で元に戻るんです。ほんとに不思議なくらい。

なんで昨日まで泣いてたのか分からないくらいスッキリしてしまって。生理と共にホルモンも外に出ているんでしょうかね。

この時ばかりは夫もうれしそうです。これであと2週間くらいは平和な日々だ!って感じで。申し訳ないです。

友達と話しててもみんな何かしら生理痛はあるみたいですがここまで酷いのはちょっとないみたいだったので産婦人科へ行くことにしたんです。

産婦人科で検査をしたら筋腫が見つかり

そして色々検査してもらったらホルモンバランスが崩れていたんですね。それに筋腫もみつかりました。

そのせいでホルモンバランスが崩れているのかもしれないとのことで薬を処方してもらいました。

ちょっとした体の副作用はありましたがそのおかげで私の生理前のひどいイライラと悲しみはだいぶ無くなりました。

生理痛もここまで酷くなると実際に何か異常がある可能性も高いので調べてもらった方がいいかもしれないですね。

クサい!生理になり強烈な臭いと変なコブがあり子宮頸がんを疑ったが

生理になったらあそこが明らかにクサい

そしてある生理のとき…、明らかにクサいんです。あそこが。

最初は気のせいかと思っていて(というか、思い込むようにしていて)、仕事も普通に出勤したのですが、時間が経つにつれて仕事中でも臭さを感じるまでになりました。

自分でもかなり臭いっていたので、たぶん周りも気がついていたと思います。

家に帰ってからこの臭いは尋常じゃないと思い、シャワーに入ったときに私のあそこに何が起きたんだ!と、指を入れてみたんです。

すると、かなり奥の方でコブのようなものがあることに気がつきました。

膣内に普通の感触ではないこぶがあった

軟らかすぎず、硬すぎず、でも膣内のコブではない他の場所と比べると、普通の感触ではないことは確かでした。

そこで頭によぎったのが「子宮頸がん」。

子宮頸がんについて人並みには知識があったので、今の自分の年齢でなる可能性があることはわかっていましたが、そのときはまさか自分がと思いました。

悪性だったら早く病院で診てもらわないといけない、でももしかしたら他の病気で、もっと軽いものかもしれない、どっちにしても病院に行かなければ!

そう考えて、二日後に家から近い婦人科へ行くことにしました。

初めて行くクリニックで、問診票を書くときになんて書けばいいか少し困りましたが、正直に「生理のときにすごい臭いがした」「指を入れたらコブのようなものがあった」と書きました。

そこから待つこと2時間…ようやく呼ばれて診察室に入り、女医さんとお話。臭いのこととコブのことを告げると、「早速見てみましょう」と。

下半身はすっぽんぽんになり、診察台に座って足を開きます。カーテンがあるので具体的に何をしているかはわかりませんが、器具を使って膣を開いている様子。

強烈な臭いの原因は病気ではなく

そして先生が一言…「あー、やっぱり」と。意味がわからず、「え?え?」みたいな感じでいると、「タンポンが入ったままですね」と言われました。

要は、先月の生理のときに入れていたタンポンを抜き忘れ、そのまま1ヶ月放置していたようです。

その結果、あの臭いと、コブ(タンポン)があったというわけです。

そして先生に「取りますね〜」と言われて取ってもらったのですが、1ヶ月も放置されていたタンポンが膣内にひっついていて、はがすのがかなり痛い!!

粘膜が破けるんじゃないか、というくらい痛かったです。さらに、タンポンを抜いた瞬間、魚が腐ったような強烈なニオイがもれなくついてきました…。

最後は洗浄して終わりましたが、子宮頸がんじゃなくて安心したのと、タンポンの取り忘れという恥ずかしさで、心の中はかなりの修羅場でした。

先生には、「便利だとは思うけど、こういうことが多いから医者は絶対タンポンは薦めないんだよね」と言われました。

この出来事以来、タンポンを使うことはあるけど、使用頻度は減りました。

漏れたな!筋腫の手術で生理が軽くなったと油断してたある日の失敗談

筋腫の手術後から生理が軽くなった

一日中夜用タイプの大きめのナプキンを使うのは持ち運びの面でもかさ張ってしまうし、心なしか普通のものよりもムレやすいように思いました。

ちなみに私はタンポンは苦手、なんとなくずっと中に溜まってしまいそうな気がして使えません。今では日中は普通タイプのものを使って適当な時間に交換する、という通常ペースになっています。

生理が軽くなったと喜んでいたら、あるときとんでもないことをやらかしてしまいました。その日、義両親のところに遊びに行って数時間を過ごすことになったのです。

適当にトイレに行くこともできるし、2日目で多い日だけど大丈夫といつものように思っていました。これが失敗の元だったのです。

この日は義両親が旅行に行ったときにスライドを見るという話になったのでした。

義父は写真が趣味で、デジタルカメラも初期のころから買って今は何代目でしょうか、結構いいものを使っています。

デジタルカメラはたくさん写真を撮っても現像したりということが必要ありませんから、「あ、いいな」と思ったものはとにかく撮影するそうです。

そのために1回遊びに行くと撮影する写真は膨大な量になるわけです。

今回のお披露目で見る写真もものすごい量、時間にすると3時間を超えることになってしまいました。

スライド形式で見る写真は、みんなでテレビ画面を使ってワイワイと見ることができるものの中座できません。

トイレに立てずに独特の漏れた感覚が

まあ、こっそり立ってトイレに行ってもいいのでしょうが、うっかり油断して座った席は立ち上がると義母の前を横切ることになります。

写真を見る前にトイレに行くことができればよかったのに、タイミング悪くそのままになってしまいました。

やばい、と思ったらやっぱりその通りスライドが終わるころにはあの独特の「漏れたな」が分かるイヤな感覚がありました。

みんながワイワイ言っているうちにそっと立ち上がり、トイレに行ってなんとか処理して帰ってみると座っていたソファにまでシミがあります。

小さくてよく見ないとわからないくらいですが、血のシミです。さーっと血の気が引く思いがしました。

とりあえず、自分の荷物で隠してからキッチンでお茶の支度をしている義母のところに行き、小声で事の次第を話しました。

義母は「あら、かわいそうに。トイレにいけなかったのね。」と同情してくれました。

そのときの義母はもう本当に神様みたいに思えました。

幸い、ソファの座席部分のクッションにはカバーがかかっていましたから、それを外して洗うことができます。

なんとかごまかしその場をやり過ごした

とりあえず、その場はクッションでごまかし、後でカバーを洗うことにしました。

義母はくれぐれも気にしないように、と小声で私に言って何事も無かったように過ごしていました。

もちろん後日、私と義母だけで買い物に行って素敵なカフェでランチをご馳走させてもらいました。

義母は「なんか高くついちゃってかわいそうね。」と笑っていましたが、やっぱり生理中は用心が必要だと思った体験でした。

神秘!出産したら生理痛がなくなったので喜んでいたら

鎮痛剤を飲まないとしんどい生理痛

その後からは、毎月生理痛があるようになり鎮痛剤を飲まないとしんどい状況になりました。

生理痛がしんどいのは、母も分かっていたので学生の時は生理痛の時は学校へ行かない、いわゆるズル休みをしたものです(笑)

まあ、本当は薬を飲んだら行けたんですが…そして、学校でしんどくなったら保健室へ。保健室へ行くとなぜかいつもあったかいお湯の入ったペットボトルを生理痛の子には渡されます。

不思議とそれをお腹にあてて少しベットで眠ると良くなりました。

とはいえ、嫌な先生の授業の時に生理痛と称して良く保健室へ行っているとある日、その先生に「あなた、私の授業が嫌で保健室へ行ってるんじゃない?」と言われドキっとしたものです(笑)

そして生理痛は年々酷くなっていきました。

生理中薬を飲まずに過ごしてみようとしたが

何もない日に家にいて生理1日目になったとき、一度薬を飲まないで過ごしてみようと思いました。

しかし、それは無謀な挑戦で生理痛が始って30分ですぐに鎮痛剤を飲まないといけない苦しみに襲われました。

そういえば、親が生理痛で苦しんでいるところをみたことないなぁ。と思って聞いてみても、どうやら母は生理痛は無いとのこと。

しかし、出産したら体質が変わり生理痛が軽減されると聞きました。そこに少しの希望を頂いていました。

そして、いざ自分が出産してからはどうだったか?生理は産後3か月でやってきました。

出産後に生理痛がなかったので喜んでいたが

あーまた、あの面倒なのがやってきた。そういえば…生理痛がない!!!もう、全くの無痛です。生理痛のお腹の痛さなんて感じないほどでした。

やっぱり、体質が変わったんだと思いました。そして、その後の毎月生理がやってきましたが、全然痛さを感じませんでした。

薬も飲まずに良かったなぁーと思いました。しかし、それはある日突然やってきました…

子供が1歳3か月で卒乳をしました。その翌月…生理痛の復活です!女性の体というのものはよく出来て言いますね。

授乳中に生理痛が酷くても、赤ちゃんに影響があるので鎮痛剤は飲めないですから。

鎮痛剤を飲まずに良いように生理痛は現れていなかったのに、授乳が終了した瞬間からやってきました。神秘です。

それからというものの、生理前のおりものは量が増える。生理3日前になると無性に眠くなるようになる。

もう、妊婦さんぐらいに眠くなることもあります。そして、イライラする。

生理になると、2回に一度はすごく生理痛が辛い時がある。そして、経血の量も昔より多い。なぜか、鮮血。生理期間が前より伸びる。といった今まで無かった状態になっています。

出産して良くなると思っていたのにまさかの酷くなる方向で少々残念に思っています。

なるほど!心配性の私が生理時の頭痛の事を旦那に話したら

生理がくると小さなケンカが増える

この前なんかも、くしゃみの音大きすぎ!とかその言葉使いなんとかならないー?とかケンカしました。

旦那さんは、優しい人なので、ごめんねとすぐに言ってくれますが、生理の時はイライラしてて、謝るのは当たり前だとか思ってしまいます。

ですが、生理が終わると気持ちも落ち着いてくるので、くだらない事で怒ってごめんね、と思います。

でも思ってもなかなかごめんねとは、私は言えないのですが。

私はおまけに排卵日にもイライラしちゃうので、結果月に2回くらいは、イライラあたっちゃう時があるので、家族は、大変だと思います。

それにくわえ、生理の時体調不良になってしまう事が多くなりました。

突然の症状に心配になって脳外科に行ったら

歳をとりホルモンバランスがくずれたのか、昔までは、なにもなく、ただ生理ってだるいなくらいにしかなかったのが、ある日突然、目がチカチカとして、視界が悪くなり10分くらいで消えて頭痛がきました。

心配性の私は初めてだった事もあり、ドキドキしてすぐに、脳外科に行ってしまいました。

そしたらそれは、閃輝暗点という、偏頭痛の前ぶれで、ただの偏頭痛だよ?と言われました。

そんな事も知らなかったくらい健康で知識なくすごしてきたんだなと実感しました。ただ偏頭痛も、天気によってとかの人もいらっしゃいますが、私は生理の時限定です。

排卵日にもたまにおこります。原因が偏頭痛と生理と分かってもやっぱり、チカチカすると今だに、ビクビク怖くなってしまいます。

倒れないかな?大丈夫かな?ろれつまわるよね、しびれないよね?とか。自分って、小心者なんだなーと知りました。

生理時の片頭痛のことを旦那に話すと

この前旦那さんに、生理の時頭痛でチカチカして、怖いんだよねーと話すと、逆の立場だったら、どう思う?俺が頭痛するんだよね、MRIでも撮りに行こうかなとか言ってたらーと言われ笑ってしまいました。

たしかに、そんなん大丈夫でしょとなってしまいますよね。生理で頭痛は、当たり前だから、いつもいつも私が大丈夫かな?病院言ったほうがいいかな?とふむふむと聞いていた旦那は、こんな気持ちだったんだと思うと面白くなっちゃいました。

あと20年くらいは、生理と付き合わなければならないので、ビクビクせず、上手に生理と付き合って行きたいと思います。

順調!生理による体調不良は嫌だが生活に困難をきたすほどではないので

生理の症状とただの体調不良が区別できない

ただし、バリエーションに富む体調不良に、本当に体調が悪いのかどうかわからなくなってきてしまっているので、一旦生理の体調不良を整理したいと思う。(オヤジギャグ)

ほぼ確実に訪れる変化は、なんといっても精神面で、とにかくちょっとしたことでイライラするのだ。

前回の時はただでさえなんとなくイライラしているところで職場の課長のイラつく言動(ここでは割愛)により、人知れず壁を殴ってしまった。

結果、自分の右手の、拳を握った時に突き出る中指の骨が当たる部分の皮が剥け、めちゃくちゃ痛かった。(ますますイライラした)

そしてイライラするのと同時に、無性に虚無感に襲われたりするのだ。

生理の影響は精神面だけではなく

ああ、なんで壁なんて殴ったんだろう…自分は愚かだなあ…もう何もしたくない。こんな感じに。そして精神面と同時にやってくるのが切れ痔だ。

最初「あれ?力んで生理きたか?」と思ったりもしたのだが、どうやら切れ痔らしい。

おそらく生理前には少し便秘気味になり、大便が固くなることによって肛門が切れやすくなっているのだろう。

これにより「ああ、切れ痔になるほど便秘気味になっているのか。そろそろ生理か。」とわかりやすい目安になっている。

そして、これは体調が悪い頃にも起こるのだが、頭が重くなり、階段を数段のぼっただけで頭がぐわしぐわしと痛む。

運動をすると痛む、早足で歩いても痛む。そして立ちくらみが起きやすくなる。

自分は何か悪い病気なんじゃないかと思ってしまうが、検査には引っかかりたくても引っかからないし、健康で仕方ない。

こうなってくると毎日何回も体温計で熱を測ってみたりしてしまうわけだけど、何も数値にも現れない。本当にただの生理前・中にしか起こらないのだ。

最近新たに発生した体調不良は乳首が張る

そして最近発生したニューフェイスな体調不良は、乳首が張るというものだった。

誤って自分で触ってしまっても普通に「いたい!」ってほどでもないが「あーいたい」くらいの痛みを感じるくらいに張ったのだ。

最初妊娠でもしたかと思ったが、普通に生理前の兆候だったらしく、乳房全体は特に張っているわけでもなかったのだが、乳首だけ張るということがあるんだと知った。

これらの体調不良は生理がすすむにつれ「すーっ」と去っていく。

特に最後に紹介した乳首は徐々に去っていくのがわかりやすく、毎日観察するのが楽しかったくらいだ。

生理痛はひどい時は嫌になるけど、生活に困難をきたす程でもない私は、それが去っていくことも楽しみに、順調にくる合図としてうけとめている。

今月は?生理前にイライラしたり毎月違う生理中の症状に悩む私の対処法

生理前になるとイライラして逃げたくなる

ちょっと家事が忙しかったり、時間までに何かしなきゃいけない時などはイライラします。

また夫に対する普段からの不満や不平や我慢している事が我慢できなくなり夫にぶつけたくなります。

ひどい時にはお皿を洗っている時などはお皿を割りたくなる時もあります。

自分でもストレス溜まっているな、と分かりますがカレンダーを見て、これが生理前だと分かると、やっぱり生理前だからか、とホッとします。

またイライラだけでなく、体の不調もあります。

生理が来る前日には頭痛や肩こりがします。

もともと頭痛持ちで普段から薬を飲んでいますが、生理前日になるとかなりの確率で頭痛が起きるので、やはりこの時もカレンダーで確認してから薬を飲んでいます。

原因が分かるだけでも少しラクになる気がしています。

生理になった時の症状が毎月違う

生理が始まると、腰がだるかったり、耳が聞こえにくくボーッとなったり、異常に眠かったり、子宮が痛くなったりします。

私の場合は毎月症状が違うので、少しお腹が痛いくらいの時や、寝込むほどひどくなる時など様々です。

主に頭痛とお腹、腰が痛くなりますが、早めに薬を飲む事で対処しています。

ものすごく痛くなってからでは遅く、薬を飲んでも効きにくいので、なるべく早い段階で飲むとよく効きます。

また、生理の時はお腹も痛いのであまり動きたくないですが、全く動かないと血流が悪くなり、余計に悪化するそうなので、少しだけ体を動かすようにしています。

と言っても、簡単なストレッチ程度ですが、腰回りを動かして血流を良くすると体が軽くなり生理痛もひどくならずに済みます。

また温かい飲み物を飲むようにして体を内側から温めています。

コーヒーは体を冷やすみたいなので、紅茶を飲んでいます。

それに生姜を加えた生姜紅茶であれば、体がポカポカしてきます。

生理中に異常に眠たくなる時がある

また生理中に異常に眠たくなる時があります。寝ても寝てもまだまだ寝れるという感じで、ずーっと寝ていたいのですが赤ちゃんのお世話や家事もあるのでそうしてはいられないのです。

そして、眠い時は朝昼ご飯を食べなくても良いほど全くお腹が減りません。

いつもは朝からちゃんと食べないとお腹が空いて気持ち悪くなるのですが、生理の時は全く空腹を感じないほど眠かったりだるかったりします。

かといってちゃんと食事をして水分を摂らないと症状が悪化する気がしているので、ちゃんと食べるようにしています。