寮生活が始まる!高校の場合の必要なものを紹介します。

息子が高校でスポーツ特待で寮生活。必要なもの紹介します

息子は高校にスポーツ特待生として入学し、寮生活を送っていました。入寮の際に用意したものをご紹介します。

・寝具(布団、枕、毛布、カバー類)
・服(私服、パジャマ、下着類)
・日用品(風呂、洗面用具一式)
・掃除用具(掃除機など)
・洗濯用具(洗濯ネット、アイロン、アイロン台、洗剤等)
・学習用具(筆記用具やノート、参考書など学校指定のもの等)
・部活用品(ウエア、シューズ、タオル、試合や遠征で使うもの等)
・その他(目覚まし時計、キャッシュカード、印鑑、保険証など)

その学校の寮によって違うと思いますが、息子の学校の寮では布団はレンタルもあったのでレンタルを利用しました。レンタルだとシーツの交換などもしてもらえました。

寮の場所や部活によっては、自転車や指定の道具などを用意しなければいけませんが、最低限用意しなければいけない道具がある場合は案内があると思います。

特に部活で自転車が必要なくても、寮で生活すると消耗品などは子供が自分で買い物しなければいけません。お店が近くにある場合は歩いて買いに行けば良いですが、遠い場合は自転車が必要になるでしょう。

その後、息子から小さな冷蔵庫、電気ポット、ポータブルDVDプレイヤーが欲しいと言われたので買い足しました。

息子の寮では個室が与えられていて、多少自由だったので小さな冷蔵庫などを持ち込むことが出来ましたが、スポーツの部活は厳しいところもあって、自室に持ち込んで良い物やダメな物が決められてる場合もありますので、用意する時は注意が必要かもしれません。

高校の寮生活で必要なものや備え付けのもの

学生寮では衣食住に必要最低限の家具は揃っていて、家電などもほとんど自分で買う必要がないのが良い所です。

一人暮らしの場合は、家具家電を一式そろえなければいけませんが、その点は経済的な負担を減らすことが出来ます。

寮では一人暮らしより家具家電などを用意しなくても良いですが、収納ボックスやハンガー、場合によってはカーテンなども用意しなければいけない場合もあります。

あると思ったらなかったり、ないと思ったらあったりする場合もあるので、どんなものが必要なのか分からない時には事前に確認した方が無駄な出費を防ぐことが出来ます。

また、寮の場合は個室や同室者がいる場合などもあり、自分で使えるスペースも限りがあります。自分の部屋のタイプや間取りを確認してから家具を購入するのがおすすめです。

なお、寮には必要最低限しか用意されていません。家具や家電がある寮もあれば、机しかない寮、空っぽの部屋の場合もあります。家具があっても便利とは限りませんので、自分の使いやすい家具は自分で用意しましょう。

例えば、勉強の時に使うデスクライトや収納家具などは必要に応じて購入しましょう。

高校の寮生活で必要なものを調べたら学生寮について知っておこう!

学生寮といえば、共同生活が醍醐味です。学生寮に入寮できるのは、基本的にその寮を管理している学校の生徒だけです。

一人暮らしと違って、食堂や風呂、トイレなど共同のところが多く、同じ大学の寮生と共同生活をします。同じ大学の学生しかいないので共同生活といっても安心ですし、仲間が出来やすいでしょう。

また、寮長や管理人などスタッフもいます。食事も食堂で提供してくれる場合がほとんどです。毎日提供される場合や平日の朝晩のみ提供される場合などは寮によって違いますが、バランスの取れた食事をすることが出来るのも魅力です。

共同生活を送るためには、ルールを守らなければいけません。食事の時間や入浴時間、門限など細かく決まっています。先輩との上下関係もあるでしょう。

いくつか学生寮があって選べる場合は、自分に合うかどうかをしっかり見極めましょう。また、入寮は先着順の場合もあるため、早めに申し込むようにしてください。

社会人の寮生活に必要なものも紹介します

会社の寮と一口に言ってもどんなものがあるかはその寮によって違います。

一人暮らし全く変わらない状態の寮もあれば、学生寮のように食堂や風呂トイレなどが共同の場合もあります。家具や家電など備え付け設備も様々でしょう。

まずは自分が入寮する寮ではどんなものがあるのかを確認してみるのが確実です。すぐに生活できるような必要最低限の家具家電が用意されている場合も多いです。

空の部屋しかない場合とテレビや冷蔵庫、机、照明など家具家電が用意されている場合もあります。

掃除用具や寝具、カーペット、カーテン、調理器具など細かい部分は特に確認が必要です。個室内で使う消耗品は自分で用意しましょう。

ある程度家具家電が揃っている場合に必要な物は以下の通りです。

・下着
仕事をしていると毎日洗濯する余裕がない場合もあります。1週間分用意すると安心です。

・私服
仕事中はスーツや制服がある場合、私服は休みの日にしか着ませんので、あまり沢山は必要ありません。私服の時に使う靴や鞄なども。

・仕事着
スーツや制服、作業着など必要な物を用意しましょう。仕事に使う靴や鞄なども忘れずに。

・パジャマ、スリッパなど

・洗面道具

・ドライヤー

・タオル類

・洗濯用具(洗剤やネット、洗濯ばさみなど)

・アイロン、アイロン台

・食器
食堂でご飯が出る場合も1人分の食器があると便利です。お皿をあまり使わない場合でも、箸やコップは使うでしょう。

・ハンガー

・ティッシュなどの消耗品

女子寮での生活に必要なものについて

寮で必要な物はその寮によって違うと思いますが、私が実際にいた寮で揃えたものをご紹介します。

・寝具(布団、毛布、カバー類)
・服
・ハンガー
・タオル類
・延長コード
・ゴミ箱、ゴミ袋
・掃除用具(雑巾、掃除機、コロコロクリーナー)
・スリッパ
・食器類(箸、スプーン、フォーク、コップ、皿少々)
・収納用品
・ドライヤー、ブラシ
・生理用品
・勉強道具
・洗濯用具(洗濯かご、洗濯ネット、洗剤、柔軟剤)
・洗面用具(シャンプー類、ボディタオル、洗面器、歯ブラシ、コップ、歯磨き粉等)

私の寮は部屋にクローゼットはありましたが、ハンガーにかけない衣類を収納するための収納ボックスやチェストは自分で用意しました。タオルや小物を入れる収納ボックスなども買いました。

洗濯は、共同の洗濯機と乾燥機があります。洗濯物は自分の部屋で洗濯かごにいれておいて、ある程度溜まったら洗濯しています。乾燥機で乾燥までしていたので洗濯物を干すための道具は必要ありませんでしたが、乾燥機がない場合は乾燥機にかけたくない衣類がある場合は洗濯物を干す道具も必要です。