運転免許を取るときの適性検査・k型って何?検査内容を解説!

運転適性検査のk型って何?

警察庁の運転免許K型の検査項目は全部で7つあります。

行われる検査の1~6までは、どれも2~3分程度あれば行うことが出来る検査で、中には30秒程度の短い時間で終わるものもあります。

ですがこの検査は、早さを競うために行っているわけではありません。せかされても落ち着いて検査を受けましょう。

7つ目の検査は性格を見るテストになります。
解凍問題になりますので、検査員が1問ずつ読み上げる問題に「はい」か「いいえ」で答えていきましょう。
自分が当てはまる方に〇を付けて行けば大丈夫です。?は無い方がいいですね。

30分程度ですべての検査が終了します。

この検査では以下の6つのタイプに分類されます。

・状況の判断が遅い人
・動作はや薬ても正確さに欠ける人
・神経質な人
・気分が変わりやすい人
・攻撃的な傾向がある人
・自己中心的な考えをする人

運転適性検査にはk型とOD型がある

警視庁K型というのは、「警視庁方式運転適性検査K型」というもので、1~6までの運転行動のチェックを行う、2~3分で終了するテストと、その人の性格を見極める回答問題があります。

焦らずに落ち着いて検査を受ければ問題ありませんので、しっかりと落ち着いた状態で検査を受けましょう。
焦らされても落ち着いて行えば問題はありません。

また、この検査のほかにも「OD式安全テスト」というものもあります。

■OD式安全テスト

1967年に開発されたもので、現在に至るまで全国の自動車教習所で行われている適性検査になります。

このテストでは、安全運転に関する4つの適性診断をすることが出来ます。

・運転機能
・健康度、成熟度
・性格特性
・運転マナー

検査の内容はK型とよく似ています。検査員の人が読み上げた問題に答えるものと、当てはまる方を選んで「はい」か「いいえ」で答える問題があります。

とても簡単なテストです。

運転適性検査k型・こんな検査があります

運転能力検査では、運転をする動作をする時に体に障害はないかをチェックするようになります。
障害があったとしても、補助の手段によってはハンドル操作を問題なく行えることもあるので、ハンドル操作を問題なく出来る場合は教習を受けることが可能になります。

運転適性検査はアンケート形式で行う検査です。運転をする時に自分にどんな癖があるのかを確認するもので、たくさんの自動車教習所で採用されている検査でもあります。

以下の11項目について性格や癖を判断することが出来て、1~4までは行動、5~10までは性格についての項目になります。

■行動についての検査

・状況判断力
・動作の正確性
・動作の速さ
・動作の抑止力

■性格についての検査

・神経質な傾向があるかどうか
・黄分野で気持ちが変わりやすいかどうか
・気持ちが高グルトペースが乱れることがあるか
・攻撃的かどうか
・挑発に乗りやすい性格かどうか
・マイペースで自己中心的でないか
・情緒不安定

これらの総評で判断するようになります。

適性検査の結果で落ちることってあるの?

自動車教習所の適才検査は、車を運転する時に安全な運転が出来るかどうかを見るために行う検査です。

自分がどれだけ安全運転を出来るか、運転委向いているかを判断するためのもので、結果が悪いから落ちるというものではありません。
また、免許を取るときに追加して何かを受ける必要もありません。

検査の結果は2~3日程度で出ますので、それを見て自分の性格や傾向を確認して理解し、安全運転が出来るようにしましょう。

結果の良しあしで悪いことばかりが書かれていることもありますが、それはそれとしてしっかりと受け止めるようにしましょう。

適正検査という名前を聞くと、なんだか身構えてしまう気持ちもわかります。
ですが、検査を受ける時は、素直で正直な気持ちになって回答をしてくださいね!

自動車教習所を卒業するまでに受ける試験

自動車教習所を卒業するまでには、どんな種類の試験を受けるのでしょうか。以下にまとめてみました。

■自動車教習所で受ける試験の種類

・仮免前学科効果測定
50問あり、45点以上で合格

・修了検定
70点以上で合格

・仮免学科試験
50問であり、45点以上で合格

・卒業前学科効果測定
95問あり、90点以上で合格

・卒業検定
70点以上で合格

自動車教習所の卒業検定に合格することが出来ると、試験会場で95問の試験を受けることになります。95問中90店以上取得することが出来れば合格することができます。

95問中5問は危険予測の問題で、1問につき2点の配分になります。

また、二輪免許を持っている人は、学科効果測定はありません。

試験で学科に合格することが出来ると、すぐに免許を発行してもらうことが出来ます。

自動車教習所では、9ヶ月以内に全ての教習を修了する必要がります。修了できなければ全て向こうになってしまうため注意が必要です。