柿の剪定時期は何月頃に作業すべき?剪定の手順やコツ!

柿の剪定時期は何月頃?

柿の剪定を行うのに良い時期は12月~2月頃になります。

庭に果樹を植える場合は、庭に合った大きさの果樹を維持できるようにしましょう。

柿の果樹の生長は早く、日差しを求めて上へと元気にお伸びていきます。枝を横向きなるように仕立てていくと良いですよ!

柿の果樹は、前の年から新しい枝を伸ばして実を付けるようになります。

冬に選定をする時は、不用な枝を切って幹に日が当たるようにしておきます。

果樹の選定も庭の選定と同じような方法で行うようになります。

柿は前の年の20~40㎝ほど枝の先に近い場所から新しく枝を伸ばして花を咲かせていき、そして実をつけるようになります。

冬に選定をお子会う時に、枝野先端の近くを切ってしまうと、次の年の鼻を付ける目を失くしてしまうことになりますので注意が必要です。

果樹全体にバランスよく花が咲くようにイメージをして剪定を行ってくださいね!

柿の剪定時期が12~3月頃に行われる理由は?剪定のコツは?

柿の果樹の選定は12月~2月頃に行うことが多いですが、十分に太陽が当たらない場合は6月~7月に行うこともあります。

■選定のポイント

・果実の調節

気にたくさん身を付けてしまうと、栄耀が分散してしまうことになります。
栄養の調整を行うためにが果実が実る量を調節して下記に栄養が行きわたるようにしましょう。

そうすると1つの実の大きさが大きく育つということになります。

・枝の調節

枝を調節する時は透かし選定を行うようになります。枝が込み合っている場所の選定を行うことで、太陽の光をまんべんなく充てることが出来たり、実った実に傷をつけることがないようにすることが出来ます。

枝を増やしたい時は切り戻し剪定を行ってください。枝の先端を切ると、新しい枝が生えてくるようになります。

・樹形の調節

果樹全体の形を整えることも大切です。

大きな枝を切り落とすことで枝が左右に広がってきます。こうすると気が高くならないので、収穫の時や農薬を散布する時にも作業が楽になります。

主幹が3本、亜主枝が6~9本が目安です。

剪定時期を見極めて柿の果実の数を決める

剪定を行うのは、実る実の数を決める為になります。

柿の実がたくさん実ってしまうと、次の年はあまり実をつけなくなってしまいます。

毎年同じくらいの柿の実を実らせるために選定を行い、実がつく量を調節しているのです。

剪定を行う時は、枝の先端の付近の枝を減らすように剪定を行います適度に量を減らしてあげることが大切なポイントです。

いざ剪定を行っても、なかなか理想通りには出来ずに悩むこともあるでしょうが、買いを重ねていくごとに上手に選定が出来るようになるので焦らずに作業を行いましょう。

収穫作業の時に枝ごと切り取ってしまうと、後で選定の作業を行わなくても済むので便利ですよ!

また、枝野期の皮の凹凸をなくすることも大切です。凹凸があるとここに害虫が住みついて卵を産むことがあります。

柿の剪定を正しく行うことで丈夫に育つ

柿の木は背が高く、樹齢も長いという特徴があります。

ですが、若い木は成長も芽吹きもゆっくりなので、一年目の剪定のときには主幹を30~60㎝ほど切って剪定を行ってから植えていくようにしましょう。

最初の頃は剪定を行わず、太陽の光が当たらない枝の間引きを行うようにしてください。

2年目が過ぎるころには枝が横に伸びてきますので、水平になるように冬の間に枝の先端を切って剪定を行うようにします。

3~5年たってくると、冬の剪定の時に主幹の芯を止し、主枝を3本~4本にすると丈夫に成長していきます。

剪定を行う場合は、まず最初に何の目的で剪定を行うのかを決めましょう。

収穫量を調整する為に剪定を行うのか、安全性を優先させるために剪定を行うのかで選定の方法も変わってきます。

柿の木の高さを制限することで収穫時期が楽になる

柿の木は剪定をしなくても元気に大きく成長していくという特徴があります。

ですが、剪定を行わないと枝が増えすぎてしまったり、理想の形の果樹に育たなくなってしまいます。

枝が増えてしまうと全体に日光が当たらなくなってしまううえに風通しも悪くなり、結果的には害虫に侵されてしまうということになるのです。

柿の木の選定を行って高さの制限wぽすれば、収穫をする時にも便利に行うことが出来ます。

また、下記に行きわたる栄養も多くなりますので、大きくて美味しい実をつけることにもなります。

剪定をする時は果樹の形を整えて収穫しやすい形をイメージして行うと良いですね。

将来の形を想定して、不要な枝は思い切って切り落としてしまうのも良い方法です。

木の内側に伸びている枝は剪定するようにしましょう。

また、枝の剪定を行う時は安全に配慮して行うようにしてくださいね!