草野球でホームランを打つには?飛距離を伸ばす方法

草野球でホームランを打ちたい!飛距離が伸びない原因とは

バッティングの飛距離が思うように伸びないと悩んでいる人はいませんか?

草野球でもホームランが打ちたいですよね。

では、飛距離が伸びない原因とはどんなことなのでしょう?

まず、バットの芯にボールがきちんと当たっていないのではないでしょうか?

ボールがバットの根元や先の方に当たっていると、衝撃が強いですよね。

これが、しっかりとバットの芯に当たっていると、この衝撃が少ないため気持ちよくバッティングができ飛距離も伸びるでしょう。

また、ボールの中心の下の方を打つと、ボールにバックスピンがかかります。

すると、上むきに力が加わるため、飛距離が伸びるでしょう。

ホームランバッターは、反発力でによってより距離を伸ばすタイプと、バックスピンをかけることによって飛距離を伸ばすタイプがいると言われます。

草野球でホームランを打って飛距離を伸ばすスイング

草野球でホームランを打って飛距離を伸ばすためには、どんなスイングをするといいのでしょうか?

ボールを打つときのスイングのテクニックによって、打球の伸び方は違ってきますよ。

まずは、しっかりと脱力してインパクト時でスイングするようにしましょう。

インパクト時までに力が入り過ぎてしまうと、スイングは遅れてしまうことになります。

また、最短距離でバットを出すことも重要です。

それから、バットいボールが当たったあとのフォローも大きくしましょう。

よくホームランバッターってスイングが豪快ですよね。

しっかりと腕の力を使ってバットを返そうとすると、フォローも大きくなります。

しかし、これが手首の力を使ってバットを返そうとすると、フォローは小さくなるのです。

なので、腕の方がより大きな力を発揮することとなるでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

草野球で飛距離が伸びる!?ホームランが出やすい条件

ホームランには、出やすい条件というものがあるそうです。

それには、気温が関係しています。

気温は高くなると、空気が膨張して密度が軽くなるのはご存知でしょうか?

これは、空気による抵抗が減るということです。

このように、空気抵抗が減るとボールの推進力は邪魔されなくなります。

ですから、気温が高い方が飛距離は伸びるということになるのです。

例えば、夏の甲子園なんかはバッターにとって、絶好のホームランを狙うチャンスです。

これまで冬のトレーニングによって培ってきたものが、夏の気温によってもさらにプラスとなって打球を伸ばすことができるでしょう。

それから、気圧は、標高が高いとそれだけ低くなります。

気圧が低い方が空気の抵抗が軽くなる減るので、打球は伸びやすくなるのです。

ですから、標高の高いメジャーリーグチームの本拠地では、よりホームランが見られるかもしれませんね。

ホームランが打ちたい!バッティングで大切なこと

バッティングで大切なこととはどんなことでしょうか?

バッティングでの打率を高めるためには、ストライクボールに対してスイングをすることになります。

そして、ストライクボールをバットの芯によってとらえることです。

しかし、これは簡単なことではありません。

ピッチャーはバッターまでの間でボールを変化させますよね。

ストライクからボールになるようなコースです。

ストライクゾーンとは、バッターがヒットを打つことができるエリアのことをいいます。
ですから、バッターはストライクゾーンにいくような軌道で誘っておき、手前でボールを変化させたりするのです。

なので、ボールをひきつけて、ボールを見極めることは大切です。

素振りによって、正しいスイングを身に付けましょう。

腰を回転して打つようにして、体がピッチャーの方向に向かないようにしましょう。

効率的に飛距離を伸ばすコツとは

効率的に飛距離を伸ばすためにはコツがあるそうです。

バッティングで飛距離を伸ばすためには、まず大きく足を上げることです。

足を大きく上げることは、エネルギーの移動が大きくなります。

これが、スイングスピードをはやくさせて、飛距離を伸ばすことになるのです。

ですから、いつも足をあまる上げていない人は、ぜひ試してみてくださいね。

スイングスピードが上がるので、飛距離を伸ばすことができますよ。

またすでに、パワーがある人の場合は、よりパサーアップして飛距離を伸ばしましょう。
バッティングで飛距離を伸ばすためには、しっかりと体重移動をすることも大切です。

回転をあまり意識せずに、しっかりと体重移動させましょう。

そして、ボールを打つことに集中してくださいね。

頭が前に行ってしまったりしないように気を付けましょう。

このように、効率的に飛距離を伸ばすためのコツを掴んで頑張ってくださいね。