ハンドリングの練習でおすすめなのは?バスケが上達するコツ

バスケのハンドリングの練習をするならフロントチェンジ、ロールターン

バスケのハンドリングを上達させたいのであれば、「フロントチェンジ」や「ロールターン」の練習を行いましょう。

フロントチェンジ(クロスオーバー)は、ドリブルの技の中で一番シンプルなかわし方になります。相手ディフェンスの手前でかわすフロントチェンジは、右から左で切り返す、左から右へ切り返すことが大切です。

フロントチェンジは、ドリブルが出来ていなくてはいけません。走りながらボールをみない状態でドリブルが出来るように練習しましょう。

ボールをみない状態でドリブルが出来るようになれば、相手のことを見る事ができます。相手の重心を見分け、相手が動くほうの逆に抜けるようにしましょう。このきには、ドリブルをつく反対の手の位置を意識しましょう。

フロントチェンジは、フットワークが肝心となるのでサイドステップなどつま先などを使う練習をするといいでしょう。

ロールターンは、相手ディフェンスをターンでかわすドリブルとなります。片手で跳ねたボールを引き込んで手首を使いボールをディフェンスのいない逆サイド側に運ぶものになります。

ポイントは、ドリブルを持っていない手で相手を抑え自分のバランスをしっかり保つことです。ロールターンは、DFFとの距離感や間合いを見なくてはいけません。素早く回転することも意識しましょう。

バスケのハンドリングの練習で大切なのは?

バスケのボールハンドリングを練習するときは、手や腕を使うというよりは全身で行う という意識を持ちましょう。

手先だけでボールを扱うと、手や手首の負担が大きくなりのちのち、怪我につながってしまいます。

全身でボールを扱うことで、体の負担が軽くなり体力的にも大きく違いが出てくるでしょう。

手や腕だけで、動こうとするとぎこちない動きとなってしまいます。上手い人は、ひとつひとつの動きが丁寧で流れるように出来ていることが多く無駄がありません。

もちろん、個人個人の感覚もあるでしょう。しかしほとんどの上手い人は練習からその動きを手に入れているのです。

何度も何度も繰り返し、自分の納得いくまで練習することが一番の近道となります。練習をするときは、自分なりのやり方でかまいません。ハンドリングに慣れるためには、急いでプレイする必要もありません。とにかく、繰り返し行うことです。

バスケのハンドリングの練習でおすすめなのは?

ハンドリングでやはり必要な練習はドリブルです。両手のドリブルハンドリングのリズムを身につけるためにこの練習をしましょう。

①その場で2回ドリブルをします。
②片手でクロスオーバーをして2回ドリブルをします。
③前後に2回、ドリブルをします。
④インサイドアウトで2回ドリブルをします。

この①~④のセットを10セット~15セットしてください。

右手、左手両方行いましょう。

ハンドリングを上達させる練習として、フィギュア・エイト(Figure Eight)もおすすめです。8の字を描くようにドリブルをしますが、慣れてきたら2回ドリブルして逆の手でも行いましょう。右手や左手に持ち替えることが自然に出来るようになったら低いドリブルと高いドリブルのメリハリをつけて行ってみましょう。

また、少し変わった練習としてスキップドリブルというものがあります。

単純にスキップをしながらドリブルをするものなのですが、やってみると意外と難しいのです。

スキップをしながら、クロスオーバーをしたりレッグスルーをしてみましょう。ビハインドザバックもいいですね。前進だけでなく、後進しながらのスキップもいいでしょう。

まずは、ボールなしで行うのもいいかもしれません。

バスケのハンドリングの練習に役立つのは〇〇!?

ハンドリングの練習で、さらに上を目指したいのであれば「手袋」をつけて行ってみましょう。

このときに使う手袋は滑り止めのついていないものとなります。

手のひらに滑り止めがついているものよりも、とてもやりにくいのが滑り止めのついていないものです。

手袋をつけていつものようにドリブルをしてみてください。フロントチェンジやックビハインド、ドリブルシュートも手袋をつけていつものように練習してみてください。

練習前に、この手袋練習をしてみると手袋を外したときの手の吸いつきがすごいです。

手袋を外すとボールの感覚がダイレクトに伝わってくるので、指に力もいれやすくなります。

手袋をすることで、外したときにドリブル練習の自分の手をどんな風に使っているかを知る事ができます。

ただ、とにかくボールが滑るので突き指しないように気をつけましょう。

ハンドリングの練習は積み重ねが大切 まずは基本から始めよう!

ハンドリングの上達に必要なドリブルですが、あえて難しいことをすることでいつもの練習に身が入ることもあるでしょう。

なんとなく、ダラダラ練習をしてしまっているのであればこんな練習方法もたまにはいいかもしれません。

テニスボールを使ったハンドリングドリルです。

テニスボールを使いドリブルをするのです。テニスボールは小さいため、ドリブルをするはとても難しいです。しかし、テニスボールでドリブルができれば、バスケットボールの中心をとらえることは簡単ですよね。

また、2つのボールを使ったドリブルドリブルもおすすめです。

右手のドリブルは続けることができても、左手のドリブルは弱かったり、タイミングがずれてしまうことが多いでしょう。

身体を思った通りに動かす能力を高めるためにもぜひ挑戦してみてください。まずは基礎からが基本となります。