交通安全協会に入会しないと免許更新のハガキは来ない?その事実

交通安全協会に入会しないと、免許更新時にハガキでお知らせが来ないって本当?

交通安全協会と聞いてピンとこない方も多いと思いますが、交通安全協会は免許更新時に入会するかどうか聞かれるあれです。

受付で言われるまま加入してしまう人もいますが、入会することでどんなメリットがあるのかよくわかりませんよね。

入会しないと免許更新の通知ハガキが来なくなる、といったウワサもありますが、果たしてこれは事実なのでしょうか。

結論から言えば、交通安全協会に入会するしないに関わらず、運転免許の更新通知ハガキは必ず届きます。ご安心ください。
有効期限が切れる約2ヵ月前にはハガキが届きますので、ハガキが届かないという情報は嘘となります。

交通安全協会に入会するメリットについては別として、更新時の通知ハガキに関しては全く問題がないので、加入するかどうかの判断材料にはなるのではないでしょうか。

交通安全協会に入会してなくても免許更新のハガキは届く。来ない理由は○○な理由!

運転免許有効期限のだいたい2ヵ月前には免許更新の通知ハガキが届くものですが、ハガキが届いていない!という方も実際いるようです。

普段あまり免許証をながめることもないですし、ある日気が付いてヒヤっとすることもあるでしょう。

運転免許の更新間近にハガキが来ないのはなぜなのでしょうか。

考えられるのは、引越しです。

運転免許の更新ハガキは、免許更新の都市の誕生日の35日~40日前ごろまでに届くようになっています。
そしてハガキは、免許証に記載されている住所に届くようになっています。

前回の引越しの時に運転免許証の住所変更の手続きを忘れていた場合は、当然ながら以前の住所に届くことになるので、今の住所に届くことはないということになります。

免許更新の通知ハガキが届かない理由の多くが、こういった住所の変更手続きを行っていないことです。

住所を変更したかどうかわからない場合は、免許証の裏面を確認しましょう。
何も記載がなければ、住所変更の手続きをしていないということです。

免許更新のハガキが届いたら交通安全協会には入るべき?メリットは何?

運転免許の更新手続きを一度でも行った人なら感じたことがある疑問。それが交通安全協会への入会です。

必ず運転免許の更新時に勧誘されますし、断ってもいいのかどうか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

では実際に、交通安全協会に入ることで何かメリットを得られるのでしょうか。

①無事故・無違反に応じた表彰を受けられる

協会員に入会して無事故・無違反となると、その年数に応じて表彰を受けられるのです。ただ注意したいのが、勝手には表彰してもらえませんので自己申告しなければなりません。またかなり条件も厳しく、20歳からスタートして無事故・無違反で30年経過しても、申告してからがスタートになるので銅賞しかもらえません。

②事故の際にお見舞金が支給される

管轄によって違いはありますが、事故を起こして30日以上の入院で30,000円のお見舞金が支給されます。
ただ、30日という入院数を考えると、それほどの入院は殆どの場合重症です。なんとか退院しても29日間だとお見舞金はでませんし、それが得かどうかはその時の懐次第ともいえます。

③各種割引サービスを受けられる

都道府県によって違いますが、宿泊施設や飲食店、レンタカーなどで割引サービスを受けられるようです。

①と②はともかく、③はいくらかメリットを感じますよね。

免許更新時に交通安全協会に入らないとデメリットはあるの?

運転免許の更新時に勧誘される交通安全協会の入会案内。
断りづらいのは、やはり警察署内という環境だからですよね。

でも入会しなくても免許更新時の通信ハガキは間違いなく届きますし、何もデメリットがない以上きっぱり断るのもアリです。
「今回は結構です」の一言で済みますし、それ以上しつこく勧誘されることもありません。

地域によっては、募金の感覚で加入している方もいるようですが、加入しているしていないに関わらず何もメリットらしきものを感じないことが多いので、断っても何も問題ありません。

交通安全協会の活動は多岐に渡りますが、子供の小学校の安全講習に出向くこともあります。交通ルールを知らない子供たちに教育を行ってくれる活動は素晴らしいとは思いますので、それは私達ドライバーが事故を起こさないのはもちろん、メリットの一つではないでしょうか。

とはいっても先ほどから申し上げている通り、まったく加入しなくても不都合に感じることはありません。

もししつこく勧誘された場合は、「法的に加入義務があるのでしょうか?」と尋ねてください。それ以上は何も言ってこないはずです。

免許更新のハガキを紛失や無くしてしまった時にはどう対処すべき?

免許更新のハガキを紛失や無くしてしまったら、手続きはできないの?と不安になってしまいますが、更新することは可能なのでご安心を。
免許更新時に必ずハガキが必要というわけではなく、受付窓口で紛失したことを告げるだけで大丈夫です。

通常は更新受付窓口で運転免許証と一緒に更新案内ハガキを提出しますが、ハガキを持参した場合とくらべて時間がかかるかもしれませんが、更新手続きは行えます。

免許センターの施設によっては、更新ハガキを持っていない人専用の窓口を設けている場合もありますので、指示に従って手続きを行いましょう。

更新案内のハガキを失くしてしまうと、更新期間がいつなのか意識する機会もないため、気付いた時には過ぎてしまうこともあります。

6ヶ月以内であれば通常の手続きで済みますが、6ヶ月~1年以内だと適性検査のみで仮免許の申請、1年を超えてしまうと学科試験と技能試験を受けて免許を取得しなおさなければなりません。

入院などでやむを得ない理由の場合は別ですが、失効後3年以内に手続きを行うことで適性検査のみで済ませることができます。